ソフトバンク

UQモバイルからソフトバンクに乗り換える手順と費用まとめ

UQモバイルはKDDI系列の通信サービスであり、格安スマートフォンならではの安さとキャリアケータイに近い通信品質が魅力です。

しかし中にはキャリアケータイならではのカケホーダイや充実したサポートに戻りたい人もいるでしょう。

この記事ではUQモバイルから大手キャリアの一つソフトバンクに乗り換える際の手順と費用についてまとめます。

UQモバイルをやめるための費用とソフトバンクとの新しい契約に必要な費用に分け、MNP(番号ポータビリティ)の手続きについてもまとめました。丁寧に解説したので参考にしてみてください。

ネット完結で全国対応&特典がお得なSBショップ




UQモバイルからソフトバンクに乗り換え(MNP)時にかかる費用

電話番号を残したまま携帯会社を乗り換えるにはMNPの転出/転入の手続きが必要です。

ただ単に解約する場合とは費用が異なることに注意してください。

UQモバイルをやめるための費用は契約期間に左右されますが、表を交え簡単にまとめてみました。

UQモバイルのMNP転出にかかる費用

UQモバイル
MNP転出手数料課金が開始した月から6ヶ月以内:6000円(税別)

 

課金が開始した月から7ヶ月目以降:3000円(税別)

解約金課金が開始した月から12ヶ月未満:9500円(税別)

 

2年契約のプランの場合、契約自動更新月以外の解約で9500円(税別)

UQモバイルからのMNP転出にかかるのはMNP転出手数料と解約金の二つです。

どちらも契約開始期間から転出時までの期間によって料金が変わります。

MNP転出手数料は課金が開始した月から6ヶ月以内であれば6000円(税別)であり、7ヶ月目以降は3000円(税別)です。

解約金については課金開始月から12ヶ月未満であれば一律9500円(税別)が請求され、2年契約の場合、契約から2年後の契約自動更新月以外の解約で9500円(税別)が請求されます。

特に解約金が高くなっているので気をつけましょう。

ソフトバンクのMNP転入にかかる費用

ソフトバンク
新規契約事務手数料3000円(税別)

新規契約事務手数料はソフトバンクとの新しい契約にかかる手数料です。

これはMNP転入とは関係なく必ず請求されます。

ソフトバンクの場合、MNP転入の際に乗り換え手数料が別にかかることはありません。

事務手数料は各種手続きにかかる費用であり割引キャンペーンなどの対象にならないことも覚えておきましょう。

この新規契約事務手数料は3000円(税別)であり、初回の料金請求時にまとめて支払います。

ソフトバンクへの転入後は選んだ機種やプランに応じた利用料金が毎月請求されますが、概ねUQモバイルより高めになると予想されるので気をつけてください。

UQモバイルからソフトバンクに乗り換え(MNP)する手順

UQモバイルからソフトバンクへの乗り換えの手順として、まずMNP予約番号の取得方法を解説します。

その上でソフトバンクへの転入手続きの仕方やお得なキャンペーンなどについても見ていきます。

UQモバイルのMNP予約番号を取得する

UQモバイルのMNP予約番号の取得はUQお客さまセンターへの電話連絡でのみ行えます。

WEB上のやり取りでは完結できないので気をつけてください。

UQお客さまセンターは年中無休で9:00から21:00の間対応しています。

電話口で確認されるのは主に4つの点です。

解約するSIMカードの電話番号、SIMカードの契約者名、暗証番号といった情報だけでなく解約する理由も確認されます。

アンケートのような感覚で答えればいいでしょう。

発行されたMNP予約番号の有効期間は15日間です。

予約番号の再発行自体は無料で行えますが、面倒な手続きになるので早く転入先での手続きを済ませましょう。

ソフトバンクでMNP転入手続きをする

いよいよソフトバンクへのMNP転入手続きです。

有効なMNP予約番号があれば実店舗、オンラインショップどちらでも簡単に手続きができます。

ソフトバンクでは新規契約者向けに公式キャンペーンやWEB代理店独自のキャンペーンが用意されており、WEB代理店の「スマホ乗り換え.com」であれば両方のキャンペーンを受けることができます。スマホ乗り換え.comの利用はWEBフォームでの手続き後、電話又はメールでMNP予約番号を伝えるだけでOKです。

独自キャンペーンの詳しい内容は下記ページでご確認ください。