ソフトバンク

【動画SNS放題】ウルトラギガモンスター+のメリット・デメリット~どんな方にオススメかまで徹底解説!

ソフトバンクで動画やSNSなどを、速度制限を気にせずに使えたら便利ですよね。

ソフトバンクでは、ウルトラギガモンスター+という50GB+対象アプリ使い放題の大容量プランが展開されています。

今まで速度制限に悩まされていた方は、ソフトバンクでウルトラギガモンスター+を契約すれば、今後はずっとスマホを快適に使えますよ。

この記事では、ウルトラギガモンスター+のメリットやデメリットと合わせて、どんな人にオススメのプランであるかを解説します。

ネット完結で全国対応&特典がお得なSBショップ




【動画SNS放題】ウルトラギガモンスター+ってなに?

新しいプランなので、ウルトラギガモンスター+とはそもそも何かよくわからない方も少なくないでしょう。

ウルトラギガモンスター+は、ソフトバンクで展開されている「動画SNS放題」プランです。

ソフトバンクスマホのデータプランの1つ

ウルトラギガモンスター+は、ソフトバンクで契約できるデータプランの1つです。

ソフトバンクでは元々、1GBや2GBなどの毎月使える通信量が決まっているプランがたくさん用意されていました。

しかし、2018年の秋にプランが一新され、2019年現在は以下の2つのプランからどちらかを選ぶしくみになっています。

  • ウルトラギガモンスター+(50GB+対象サービス使い放題、通常月額6,480~7,480円)
  • ミニモンスター(1~50GBの従量課金プラン、通常月額2,980~8,480円)

データプランだけでは電話ができないので、契約時には月額1,500円(税抜)~となる通話プランを合わせて契約する必要があることにご注意ください。

月間50GBまで使い放題+対象のSNS・動画サービスがカウントフリー

ウルトラギガモンスター+の特徴は、50GBの通信量に加えて、対象のSNSや動画サービスは使い放題のカウントフリー状態になることです。

カウントフリー対象のアプリは利用者が多く、通信量も大きくなりがちな人気アプリばかりです。

多くの場合、別途利用できる50GBの大容量を使い切ってしまうことはなかなかないでしょう。

ウルトラギガモンスター+は、通信量を気にせずスマホを快適に使い続けたい方に最適のプランです。

【動画SNS放題】ウルトラギガモンスター+の特徴・メリット

ウルトラギガモンスター+には様々な特徴があります。

ウルトラギガモンスター+でどんなことができるのかを詳しく解説するので、参考にしてください。

月間50GBまで使い放題の定額プラン

ウルトラギガモンスター+は、月間50GBまで通信できるプランです。

元々ソフトバンクではデータ定額50GBのプランが展開されていたので、旧プランを使っていた人が通信量の減少などで困ってしまうことはありません。

50GBは途方もない大容量なので、例えば以下のような特殊な使い方をしない限り、使い切ることはないでしょう。

  • 固定回線代わりにPS4などの大容量ゲーム(10GBなど)をたくさんダウンロードする
  • カウントフリー対象外の動画配信サービスを毎日高画質で、数時間単位で楽しむ
  • クラウドストレージに大量の写真や動画を断続的に送信し続ける

50GBの大容量だけでも十分な魅力ですが、ウルトラギガモンスター+にはさらにもう一つのメリットがあります。

対象の動画サービスやSNS・アプリはカウントフリー

ウルトラギガモンスター+では、対象の動画サービスやSNS系アプリがカウントフリー(使い放題)です。

カウントフリーはLINEモバイルなどの格安SIMで広く展開されている制度ですが、ついに大手キャリアであるソフトバンクにも採用されました。

カウントフリー対象のサービスは?

ウルトラギガモンスター+のカウントフリー対象サービスは、日々ラインナップが追加されています。

2019年1月時点で対象となっているサービスは、以下の10種類です。

<動画アプリ>

  • YouTube
  • Hulu
  • TVer
  • AbemaTV
  • GYAO!

<SNSアプリ>

  • LINE
  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook
  • TikTok

YouTubeやAbemaTVなどの動画サービスや、Twitter、Instagramなどの画像を投稿する機会が多いSNSは、通信量の消費が激しくなりがちですよね。

ウルトラギガモンスター+に加入すれば、いくら使っても通信量がかかることはないので安心です。

ただしHuluなどの有料サービスの利用料金は、別途かかるのでご注意ください。

各サービスがカウントフリーなのはどれぐらいお得なの?

ウルトラギガモンスター+の対象サービスはいずれも通信量が多くなりがちなので、カウントフリーであることはとてもお得です。

具体的にどれぐらいお得なのかは、別記事で解説予定ですのでお待ちください。

(2019年4月まで)ギガ使い放題キャンペーンですべてのアプリ・サービスが使い放題

ウルトラギガモンスター+を契約すると、2019年4月までは全てのアプリ・サービスが使い放題になります。

「ギガ使い放題キャンペーン」という名称で、例えばNetflixやネットサーフィンなど、本来なら通信量を消費する場面でも通信量の消費がなくなります。

PS4のゲームをダウンロードしたり、クラウドストレージに撮影した写真をアップロードしたりしても、通信量消費は0です。

なお4月のキャンペーン終了後もそのままカウントフリー非対象アプリを使いすぎて、速度制限にかかってしまわないようにご注意ください。

オプション料金の支払いでテザリングも使える

ウルトラギガモンスター+は、オプション料金500円(税抜)を支払えばテザリングでの利用が可能となります。

PS4やパソコンなど、スマホ以外の機器での通信にウルトラギガモンスター+を利用する際は、テザリングを契約しましょう。

言い換えると、スマホ以外で一切通信しない方はテザリングを契約しなければ、月額500円(税抜)の節約ができますよ。

【動画SNS放題】ウルトラギガモンスター+のデメリット・注意点

ウルトラギガモンスター+には、いくつか注意したいポイントもあります。

利用の仕方を誤って通信制限にかかる、トラブルに巻き込まれるなどの問題が起こらないように、お気をつけください。

LINEの通話・ビデオ通話などカウントフリー対象外の部分もある

ウルトラギガモンスター+のカウントフリー対象アプリには、いくつかカウントフリーの対象にならない使い方があります。

例えば以下のアプリは、広告クリックなどをしてURLを移動した場合に発生した通信量がカウント対象です。

  • YouTube
  • TVer
  • Twitter
  • Hulu
  • TikTok
  • AbemaTV
  • GYAO!(広告の視聴・閲覧自体がカウント対象)

GYAOは動画の合間に流れる広告の視聴や閲覧がもれなく通信量消費の対象なので、動画を見る際は少し通信量の消費があることにご注意ください。

LINEは文字でのやり取りが無料ですが、音声通話やビデオ通話の通信量がカウント対象になりません。

Huluは動画再生の通信量消費がありませんが、字幕データはカウント対象です。

各アプリを活用する際は、カウントフリー対象外になる場面の存在に注意しましょう。

ただし毎月50GBも通信できるプランなので、多少通信量が発生してもそこまで気にする必要はないのも事実です。

海外利用時は対象外

ウルトラギガモンスター+は、海外旅行先でソフトバンクでの通信をする際はカウントフリーが対象外になります。

海外では指定の通信料金(1日最大2,980円)がかかるので、ご注意ください。

音楽サービス系はカウントフリー対象外

ウルトラギガモンスター+のカウントフリー対象アプリは、2019年1月時点だと動画かSNSアプリのみです。

AppleMusicやSpotifyなどの音楽サービスはカウントフリー対象になっていないので、ご注意ください。

余ったデータの繰り越しができない

ウルトラギガモンスター+では、余ったデータ容量を翌月に繰り越せません。

例えばLINEモバイルやUQモバイルのような格安SIMや、ドコモのウルトラデータLプランなどは余ったデータ容量を翌月末まで繰り越して使えます。

ソフトバンクのウルトラギガモンスター+は、毎月50GBのみを使える仕様です。

50GBのうち10GBなどいくらかの容量を余らせてしまっても、毎月末日には失効してしまうので、お気をつけください。

月月割がない

ウルトラギガモンスター+を契約すると、月月割を適用できません。

月月割とは、スマートフォンを購入した際に適用できる月額割引サービスです。

ソフトバンクの最新プランはどちらも月月割に対応していないので、これからソフトバンクを契約する場合にスマホの端末代金を下げられないことに注意しましょう。

筆者も実際に、2018年12月にソフトバンクの契約に合わせてAQUOS zeroを購入しましたが、月月割は適用できませんでした。

なお、ソフトバンクでは25ヶ月目以降に機種変更をすれば端末代の残債を0円にできる「半額サポート」という48回払いサービスが用意されています。

端末代の負担を抑えたい場合は、必要に応じて半額サポートを契約しましょう。(余談ですが、筆者は新しいもの好きで頻繁に機種変更をするため、スマホは一括購入しています)

家族でソフトバンクを使っていない、あるいはネット回線をソフトバンクにしていない場合、料金の割引ができない

ウルトラギガモンスター+では、以下の3つの割引サービスを利用できます。

  • 12ヶ月間月額1,000円(税抜)割引を受けられる「1年おトク割」
  • ソフトバンク光かSoftBank Air契約で毎月1,000円(税抜)割引になる「おうち割 光セット」
  • 家族がソフトバンクを使えば割引を受けられる「みんな家族割+」

みんな家族割+の割引額は、以下のとおりです。

家族におけるソフトバンクの契約者合計割引額
2人-500円
3人-1,500円
4人以上-2,000円

お得な割引制度ですが、言い換えるとソフトバンク光やSoftBank Airを使っていなかったり、家族が別の回線を使っていたりすると、1年おトク割以外の割引を受けられません。

【動画SNS放題】ウルトラギガモンスター+がオススメなのはこんな方

ウルトラギガモンスター+がオススメなのは、以下の4つの条件のうちいずれか、あるいは全てに当てはまる方です。

  • YouTubeなどで動画を見る機会が多い方
  • SNSを頻繁に使っていて、動画や写真の投稿をすることも多い方
  • 通信量を気にせずにスマホを使いたい方
  • ソフトバンクを家族みんなで使っていて、ネットもソフトバンク光やSoftBank Airにしている方

カウントフリー対象の動画やSNSを活用しているなら、毎月の通信量50GB全てを他の用途に回せるウルトラギガモンスター+を選べば、速度制限の心配はほとんどなくなります。

カウントフリー対象アプリを余り使っていないとしても、毎月50GBも使えれば速度制限のリスクは大幅に抑えられるでしょう。(大容量ゲームなどを利用する方はご注意ください)

ソフトバンクのネット回線を使っていたり、家族でソフトバンクを契約していたりするなら、料金を1,000~2,000円抑えられるのでよりお得です。

今回の解説を読んで自分にウルトラギガモンスター+が向いていると感じたら、プラン変更や他社からの乗り換えを検討してみてはどうでしょうか。