ソフトバンク

ソフトバンクのカウントフリーって実際お得?MVNO各社と比較してどんな方にオススメなのか検証した結果

ソフトバンクでは、「【動画SNS放題】ウルトラギガモンスター+」を契約することで、対象サービスを使い放題の「カウントフリー」にできます。

しかしカウントフリーは本当にお得と言えるのか、疑問に感じていませんか?

この記事では、MVNO各社のカウントフリーサービスと比較して、ソフトバンクのウルトラギガモンスター+がどんな人にオススメかを解説します。

ネット完結で全国対応&特典がお得なSBショップ




ソフトバンクのカウントフリーは実際お得なの?結論

結論から言うと、カウントフリー対応のMVNO各社と比べても、ソフトバンクの【動画SNS放題】ウルトラギガモンスター+はお得です。

ただしスマートフォンの使い方は人によって大きく異なってくるので、誰にとっても絶対にお得になるとは限りません。

MVNOよりソフトバンクのカウントフリーがオススメなのは、「動画やSNSを使う機会が多く、さらにカウントフリー対象外のサービスもたくさん使う人」です。

カウントフリー機能のあるMVNOとソフトバンクの比較

ソフトバンク以外にも、様々なMVNOでカウントフリーのオプションやプランが展開されています。

ドコモ回線・ソフトバンク回線に対応するLINEモバイルは、ソフトバンクのように料金プラン自体にカウントフリーのサービスが含まれます。

ドコモ回線・au回線対応のBIGLOBEモバイルや、ドコモ回線のDMM mobileでは、オプションでカウントフリー機能を使えるしくみです。

それぞれの月額料金やカウントフリー対象サービス、そして契約できる通信量をまとめたので、ご覧ください。

音声通話SIM月額料金(税抜)カウントフリー対象サービスカウントフリー外で使える通信量
ソフトバンク1年目7,480円、2年目以降8,480円(各種割引未適用時・かけ放題なし)、オプション料金なし●      LINE

●      Twitter

●      Instagram

●      Facebook

●      YouTube

●      AbemaTV

●      TVer

●      Gyao!

●      Hulu

●      TikTok

50GB
LINEモバイル(コミュニケーションフリープラン)1,690円(3GB)、オプション料金なし●      LINE

●      Twitter

●      Instagram

●      Facebook

3〜10GB
BIGLOBEモバイル1,600円(3GB)+エンタメフリー・オプション月額480円(データSIMだと980円に)●      YouTube

●      YouTube Music

●      GooglePlay Music

●      Apple Music

●      AbemaTV

●      Spotify

●      Amazon Music

●      U-NEXT

●      AWA

●      radiko.jp

●      YouTube Kids

3〜30GB
OCNモバイルONE1,600円(110MB/日コース)、オプション無料●      Amazon Music

●      LINEミュージック

●      AWA

●      Spotify

●      dヒッツ

●      GooglePlay Music

●      レコチョクBest

●      ひかりTVミュージック

3〜30GB
DMM mobile1,500円(3GB)+SNSフリー月額250円●      LINE

●      Twitter

●      Instagram

●      Facebook

●      Messenger

3〜20GB

見ての通り、必ずしもソフトバンクの「【動画SNS放題】ウルトラギガモンスター+」が一番お得とは言い切れません。

SNS中心ならLINEモバイルのコミュニケーションフリープランが割安

LINEモバイルの月額料金は3GB1,690円(税抜)で、一番安くカウントフリー機能を使えます。

LINEやTwitterなどのSNSがカウントフリー対象なので、SNSを使う方にとっては特にお得な選択肢と考えられますね。

LINEのみでOKなら、LINEフリープランが月額1,200円(税抜)

LINE以外は一切使わないのであれば、「LINEフリープラン」という1GB・LINEのみ使い放題のプランを選ぶ方法もあります。

LINEフリープランは月額1,200円(税抜)と安価で、1,000円台前半から通信・通話サービスを使えますよ。

LINEでの文字や音声通話による連絡を中心に活用するなら、LINEフリープランを選べば月々の支払額を大幅に抑えられます。

動画・音楽サービスが充実しているのは、BIGLOBEモバイルのエンタメフリー・オプション

BIGLOBEモバイルのエンタメフリー、オプションは、月額2,080円(税抜)から使えて動画と音楽サービスがカウントフリー対象です。

特にApple MusicやSpotifyなどの音楽サービスは、ソフトバンクの「【動画SNS放題】ウルトラギガモンスター+」でも対象外なので、音楽サービスを使っている人にとって見逃せない選択肢と考えられますね。

一方で他社だともれなくカウントフリーの、SNS系サービスはカウントフリー対象になりません。

とはいえSNSの通信量は文字データや画像データ中心で、動画や音楽に比べるとあまり多くありません。

動画をカウントフリーにできれば、あとは基本のデータ容量で通信量を十分補えるでしょう。

OCNモバイルONEは音楽の定額配信サービスに強く、節約モードでSNSも対応可能

OCNモバイルONEでは、追加料金なしで音楽の対象定額配信サービスを無料で使えます。

またOCNモバイルONEには、低速(200kbps)使い放題の節約モードがあるので、アプリから切り替えて活用すればTwitterなどのSNSを無制限に使うこともできます。

ただし節約モードは速度が遅いため、画像の多いサービスを利用する際などは読み込み時間が長くなることにご注意ください。

DMM mobileのSNSフリーは、Facebookユーザーに有利

SMM mobileのSNSフリーは3GBプランと合わせて月額1,750円(税抜)で、LINEモバイルのコミュニケーションフリープランと比べると60円ほど割高になります。

しかし代わりに、Facebookのメッセンジャーサービス「Messenger」もカウントフリーです。

Facebookユーザーで、友人・知人とMessengerで連絡を取り合う機会が多いなら、LINEモバイルのコミュニケーションフリープランよりDMM mobile+SNSフリーの方が使いやすいでしょう。

【動画SNS放題】ウルトラギガモンスター+は、大容量と動画サービスへの強さが魅力

ソフトバンクの「【動画SNS放題】ウルトラギガモンスター+」は、50GBに加えて動画やSNS系の各種サービスを使い放題にできるため、サービスの充実度が高いです。

元々使い放題に設定されているアプリは通信量の消費が激しいものなので、除外した上で50GBも通信できるとなると、事実上無制限の使い放題のようなものでしょう。

テザリングサービスを使って、他の機器でも50GBの通信量を活用しやすいですね。

使い勝手が良い代わりに月額料金は他社の3GBプランと比べて3〜5倍程度になるので、出費が増えることには注意が必要です。

なお使える通信量が50GBあるので十分問題ないと考えられますが、主に以下のような場面では通信量の消費があるのでご注意ください。

  • 対象サービスの外部リンク利用
  • LINEのビデオ通話、音声通話
  • FacebookやInstagramの、Music Storiesの再生
  • FacebookのMessenger

それぞれどんな方に向いている?

前項で解説した特徴を踏まえつつ、各社のカウントフリーサービスはどんな人におすすめかを改めてまとめます。

ソフトバンクが向いている方

ソフトバンクの「【動画SNS放題】ウルトラギガモンスター+」がおすすめなのは、以下に当てはまる人です。

  • 動画やSNSを見る機会が非常に多い人
  • カウントフリー対象外のサービスを利用する機会も多い人
  • テザリングを使って、タブレットやゲーム機などでもたくさん通信したい人

とにかく毎日たくさんスマホを使っていて、時折タブレットやゲーム機を使って動画を見たり、データをダウンロードしたりする機会もあるなら、「【動画SNS放題】ウルトラギガモンスター+」を最大限に使いこなせるでしょう。

しかし、月額料金は高めなので、SNS中心で軽い用途にしか使わない方などには、他のMVNOのカウントフリー機能をおすすめします。

またソフトバンクの「【動画SNS放題】ウルトラギガモンスター+」でテザリングを使う場合は、別途月額500円(税抜)のテザリング利用料がかかることにご注意ください。

ソフトバンクにMNP(乗り換え)や新規契約する方は、ソフトバンク代理店の「スマホ乗り換え.com」の利用がオススメです。

独自の超お得なキャンペーンで、5万円~10万円ものキャッシュバックや割引が受けられます!

LINEモバイルが向いている方

LINEモバイルがおすすめになるのは、以下の2つのどちらかに当てはまる方です。

  • 利用がSNS中心の方
  • LINEを毎日たくさん利用するが、他のサービスはあまり使わない方

LINEモバイルはカウントフリー対象のサービスがSNSに限られるので、SNS利用が中心の人におすすめです。

動画サービスを活用する方は、他のMVNOやソフトバンクを利用するのが良いでしょう。

主にスマートフォンはLINEしか使わない方なら、LINEフリープランを契約して徹底的に月額料金を抑えるのもおすすめです。

BIGLOBEモバイルが向いている方

BIGLOBEモバイルは、動画や音楽のサービスを使う機会が多い人におすすめです。

YouTubeやSpotifyなどを、オプション契約で通信量を気にせず使ってみてはどうでしょうか。

BIGLOBEモバイルは最大30GBで契約できるので、大容量プランにエンタメフリー・オプションを適用するなら、対象外のサービスもどんどん活用できます。

OCNモバイルONEが向いている方

OCNモバイルONEは、音楽サービス中心の方におすすめです。

節約モードへの切り替えと組み合わせて、毎日充実した音楽ライフを楽しんでみてはどうでしょうか。

音楽をあまり聞かない方は、他のカウントフリー系MVNOやソフトバンクを検討するのが良いでしょう。

DMM mobileが向いている方

DMM mobileがおすすめとなるのは、主にFacebookをよく使うSNSユーザーです。

DMM mobileではMessengerがカウントフリーで使える代わりに、LINEモバイルに比べると月々60円と僅かな差ではあるものの割高です。

Messengerを使うならDMM mobile+SNSフリー、使わないならLINEモバイルのコミュニケーションフリープランを検討してみてはどうでしょうか。