ソフトバンク

楽天モバイルからソフトバンクに乗り換える手順と費用まとめ

格安SIMサービスは高品質ながら低価格で利用することができ大変便利ですが、何らかの事情で大手携帯キャリアに戻したいという人もいるでしょう。

この記事では楽天モバイルからソフトバンクに乗り換える場合の手順と費用についてまとめます。

費用とは大きく分けて、楽天モバイルをやめるのに必要な費用とソフトバンクと新たに契約するための費用です。

各種手数料などについて表も交えながら解説します。

乗り換え(MNP)の手順についてもお得なキャンペーンなどを含めて詳しく見ていくので参考にしてみてください。

ネット完結で全国対応&特典がお得なSBショップ




楽天モバイルからソフトバンクに乗り換え(MNP)時にかかる費用

乗り換え(MNP)時の費用とは楽天モバイルからの転出費用とソフトバンクへの転入費用のことです。表を交えつつ簡単に見ていきますね。

楽天モバイルのMNP転出にかかる費用

楽天モバイル
MNP転出手数料一つの電話番号につき3000円(税別)
解約金通話SIMプランで最低利用期間内の解約で9800円(税別)

当たり前ですが乗り換えの際にはまず、現在利用しているサービスから転出しなければいけません。

楽天モバイルからの転出にかかる費用はMNP転出手数料と解約金です。

楽天モバイルの場合、MNP転出手数料は電話番号一つにつき3000円(税別)であり電話番号を引き継ぐのであれば必ず支払う必要があります。

3000円は決して安くありませんが、解約金はさらに高額です。

楽天モバイルの解約金は通話SIMプランで9800円になっています。

最低利用期間が1年、2年、3年に分かれており、契約内容によって利用期間内に解約すると請求されます。

負担を減らしたいのであれば最低利用期間が過ぎてからの転出を検討するといいでしょう。

ソフトバンクのMNP転入にかかる費用

ソフトバンク
新規契約事務手数料3000円(税別)

次に新しく契約するソフトバンクにMNP転入する際の費用です。

費用には新規契約事務手数料と転入手数料がありますが、MNP(乗り換え)の場合転入手数料はかかりません。

必要な費用は実質、事務手数料のみです。

新規契約事務手数料は3000円(税別)であり、初回の請求時にまとめて請求されます。

この記事は転出、転入の手続きに関する内容なので細かくは説明しませんが、ソフトバンクに転入後選んだ機種やプランに応じた利用料金が毎月かかることも忘れないでください。

乗り換えの検討や楽天モバイルの転出手続きより先にソフトバンクの料金プランをリサーチしておきましょう。

楽天モバイルからソフトバンクに乗り換え(MNP)する手順

乗り換え(MNP)の手順は大きく二つに分けられ、転出元のMNP予約番号取得、転入先での手続きの順になっています。

楽天モバイルのMNP予約番号を取得する

電話番号を引き継ぐにはMNP予約番号を取得し手続きをする必要があります。

通常の解約とは手順が異なるので注意してください。

MNP予約番号を発行するために楽天モバイルのサポートページにアクセスし【会員メニュー】の項目から【登録情報・設定変更】へと進み【MNP予約番号発行・確認】の項目で手続きしましょう。

手続きからMNP予約番号の発行までは最大3日ほどかかります。

ソフトバンクでMNP転入手続きをする

楽天モバイルのMNP予約番号を取得したら、ソフトバンクでのMNP転入手続きです。

ソフトバンクへの転入申し込みはソフトバンクショップなどの実店舗の他、ソフトバンクオンラインショップやWEB代理店でもできます。

どこで申し込む場合でも転出元のMNP予約番号が発行済みであれば手続きは簡単です。

オススメの申し込み先は「スマホ乗り換え.com」というWEB代理店です。

スマホ乗り換え.comならソフトバンク公式のキャンペーンの他、高額キャッシュバックや一括0円などの独自のキャンペーンも適用され、直接来店する必要もありません。

利用する場合はWEBで申し込んだ後、折り返し電話かメールで連絡が来るのでMNP予約番号を伝えましょう。それで手続きは完了です。

尚スマホ乗り換え.comで実施中のキャンペーンについては下記ページで詳しく解説しています。申し込み前にぜひ確認してみてください。