ソフトバンク

OCN モバイル ONEからソフトバンクに乗り換える手順と費用まとめ

OCNモバイルONEはNTTコミュニケーションズが運営する格安スマホサービスです。

広い範囲で安定した利用ができ、ターボ機能による通信容量の節約や低速時でも使えるバースト転送機能など魅力的なサービスが多くあります。

反面Wi-FIとの併用が求められるプランがあり、使いこなすのに手間がかかる面もあります。

人によってはソフトバンクなどの大手キャリアケータイのほうが向いている場合もあるでしょう。

そこでこの記事ではOCNモバイルONEからソフトバンクへの乗り換えの手順や必要な費用についてまとめていきます。

現在の電話番号をそのまま使用するMNPでの乗り換え方法を紹介するので参考にしてみてください。

ネット完結で全国対応&特典がお得なSBショップ




OCN モバイル ONEからソフトバンクに乗り換え(MNP)時にかかる費用

MNPでの乗り換えには解約金のほか、MNP転出手数料がかかります。

転入時の手数料についても簡単に見てみましょう。

OCN モバイル ONEのMNP転出にかかる費用

OCNモバイルONE
MNP転出手数料音声対応SIMカード1枚につき3000円(税別)
解約金音声対応SIMカードには6ヶ月間の最低利用期間あり。最低利用期間内の解約で違約金8000円(不課税)

OCNモバイルONEからのMNP転出にはMNP転出手数料と解約金の2種類の費用がかかります。

MNP転出手数料は音声対応SIMカード1枚につき3000円(税別)であり、解約金は音声対応SIMカードの場合で最低利用期間内の解約時に8000円(不課税)となっています。

最低利用期間は6ヶ月間であり他社のサービスに比べれば短いといえるでしょう。

最低利用期間が過ぎればその後いつ解約しても解約金は請求されません。尚データ通信SIMでは解約金がないことも覚えておいてください。

ソフトバンクのMNP転入にかかる費用

ソフトバンク
新規契約事務手数料3000円(税別)

ソフトバンクへのMNP転入にかかるのは新規契約事務手数料3000円(税別)のみです。

これは事務手続きなどにかかる費用でMNPの有無に関わらず請求されます。

割引キャンペーンなどの対象にもならないので必ずかかるものと覚えておきましょう。

この事務手数料以外にMNP転入自体にかかる料金があるのではと思う人もいるかもしれませんが、ソフトバンクでは乗り換えそのものには手数料がかかりません。

新規契約事務手数料は初回の料金請求時にまとめて支払うことになっています。

また選択したプラン、機種(端末を分割購入した場合)に応じた料金はソフトバンクのほうが高くなるとイメージしておいてください。

OCN モバイル ONEからソフトバンクに乗り換え(MNP)する手順

MNP乗り換えの手順は転出元のMNP予約番号の取得⇒転入先での手続きという流れになっています。順に見ていきましょう。

OCN モバイル ONEのMNP予約番号を取得する

MNP予約番号の発行手続きは専用サイトOCNマイページか電話のカスタマーズフロントから行えます。

カスタマーズフロントはフリーダイヤルであり日曜、祝日、年末年始を除く10:00~19:00の間受け付けています。

電話の待ち時間は大手キャリアのサービスより短いようです。

マイページでの申し込みはいつでも行うことができ簡単に手続きできます。

基本的にはマイページで行うのがおすすめです。

MNP予約番号の取得手続き自体は簡単ですが、実際に発行されるまでは最大3日程度かかるので注意してください。

発行されたMNP予約番号の有効期限は15日間であり、その間に転入先での手続きが完了した時点で前述したMNP転出手数料が請求されます。

万が一15日間を過ぎてしまっても再発行することができ、費用もかからないので安心してください。

ソフトバンクでMNP転入手続きをする

予約番号を取得したらソフトバンクへのMNP転入手続きを行います。

申し込みは実店舗、オンラインショップ、WEB代理店で行うことができ、手続きは非常に簡単です。

オススメはWEB代理店の「スマホ乗り換え.com」です。

スマホ乗り換え.comならWEB代理店なので直接足を運ぶ必要もなく、ソフトバンク公式キャンペーンとキャッシュバックなどの独自キャンペーンの両方が適用されます。

申し込みはWEBフォームから行い、折り返しの電話かメールに対してMNP予約番号を伝えるだけです。

スマホ乗り換え.comで実施中の5万円~10万円程度(時期によって変動)もお得な「特別キャンペーン」について、下記ページで詳しく解説していますので、乗り換え前に要チェックです!