ソフトバンク

LIBMOからソフトバンクに乗り換える手順と費用まとめ

LIBMOはインターネットのプロバイダとして有名なTOKAIコミュニケーションズが運営する格安スマホサービスです。

TOKAIグループと連携した独自のポイントサービスや安価で安心の端末補償が売りで、1年間無料のセキュリティソフトも付きます。余ったデータ容量の繰り越しができるのも魅力です。

しかしドコモ回線しか利用できず、通信速度でもキャリアケータイには劣ります。データ速度の切り替えができないことやサービス自体の知名度が東海地方以外で低い点も不安要素でしょう。

この記事ではLIBMOからキャリアケータイのソフトバンクに乗り換えたい人に向けて手順や費用を解説します。費用については表も交えながら丁寧に解説するので参考にしてみてください。

ネット完結で全国対応&特典がお得なSBショップ




LIBMOからソフトバンクに乗り換え(MNP)時にかかる費用

MNP乗り換えには転出元に支払う手数料と解約金、そして転入先での手数料が必要です。一つ一つ見ていきましょう。

LIBMOのMNP転出にかかる費用

LIBMO
MNP転出手数料3,000円(税別)
解約金9,500円(税別):最低利用期間1年以内の解約の場合

MNPでの乗り換えにかかるMNP転出手数料は3000円(税別)であり、解約金は9500円(税別)です。

解約金は最低利用期間として設定されている1年以内の解約の際に請求されます。転出手数料は一般的な額なので解約金はできるだけ避けるようにしましょう。

LIBMOでは利用期間に自動更新はないので最低利用期間経過後、解約金は一切かかりません。

ただし端末代金を分割払いにしている場合の残金は解約時に一括で支払うことになっているので注意が必要です。

ソフトバンクのMNP転入にかかる費用

ソフトバンク
新規契約事務手数料3000円(税別)

ソフトバンクへのMNP転入にかかるのは新規契約事務手数料のみです。乗り換えの際、転入そのものの手数料をイメージする方もいるかもしれませんが、ソフトバンクでは転入手数料に関しては無料となっています。

新規契約事務手数料は3000円(税別)と他社と同様の金額です。

事務手数料は割引などの対象にはならないものの、後述するキャッシュバックによって事実上負担が軽減される可能性があります。乗り換え後ソフトバンクの初回の料金請求時にまとめて支払うことも覚えておきましょう。

また購入した端末や選択プランによって利用料金は大きく変わるので入念にリサーチしておくことをおすすめします。

LIBMOからソフトバンクに乗り換え(MNP)する手順

MNP乗り換えは転出元のMNP予約番号の取得⇒転入先での手続きという流れです。LIBMOからソフトバンクへの乗り換えは簡単にできますが、念のため手順を確認しておいてください。

LIBMOのMNP予約番号を取得する

LIBMOのMNP予約番号の取得申請は電話かマイページ、公式サイトのお問い合わせフォームから行えます。

マイページのみという格安スマホが多い中、電話やお問い合わせフォームから気軽にできるのが特徴です。

LIBMOお客様センターへの電話連絡の場合、MNP予約番号は取得申請後、当日に発行されます。電話が億劫でない方にとっては最も簡単な方法かもしれません。

マイページおよびお問い合わせフォームからの申し込みでは必要事項を送信後、SMSで予約番号が通知されます。発行は営業日のみとなっており、平日中は当日に発行されますが、土日の申請だと月曜日の発行になるので注意しましょう。

解約する月の料金は月末までの分が満額請求されるので、月末や下旬の解約がおすすめです。

ソフトバンクでMNP転入手続きをする

ソフトバンクへのMNP転入の申し込みはソフトバンクショップの実店舗だけでなく、オンラインショップやWEB代理店でも簡単にできます。

期限が有効なMNP予約番号があれば手続きは簡単です。

転入するとソフトバンクの公式キャンペーンが適用されますが、WEB代理店のスマホ乗り換え.comなら高額キャッシュバックなどの独自キャンペーンも受けられます。

来店の必要もなくWEBフォームからの申し込み後、折り返しMNP予約番号を伝えるだけなのでやり取りもスムーズです。

スマホ乗り換え.comで実施中の5万円~10万円程度(時期によって変動)もお得な「特別キャンペーン」について、下記ページで詳しく解説していますので、乗り換え前に要チェックです!