ソフトバンク

「動画SNS放題」のテザリングは固定回線の代わりになる?モバイルWi-Fiの代わりには?【ウルトラギガモンスター+】

スマートフォンの回線をモバイルWi-Fiのようにテザリング運用し、固定回線やモバイルWi-Fiルーター代わりに使えれば、月々のインターネット料金を節約できて助かりますよね。

「動画SNS放題」が謳われているソフトバンクの新プラン・ウルトラギガモンスター+では、50GBの大容量に加えて対象動画サービス・SNSが使い放題になります。

この記事では、ウルトラギガモンスター+をテザリングで活用する場合に固定回線やモバイルWi-Fiルーター代わりとして活用できるか検証を行います。

ウルトラギガモンスター+を自宅でも外出先でも活用し、固定回線代を節約したい方は、参考にしてください。

ネット完結で全国対応&特典がお得なSBショップ




動画SNS放題 ウルトラギガモンスター+はテザリングにも使える

ソフトバンクの新プラン・ウルトラギガモンスター+は、テザリングにも対応しています

テザリングとはスマートフォンをモバイルWi-Fiルーター代わりにして、他のパソコンやゲーム機、タブレットなどをインターネットに接続できるサービスです。

ウルトラギガモンスター+は、YouTubeやTwitter、LINEなどの対象アプリの通信量がカウントされない=使い放題の「カウントフリー」サービスを使えるプランです。

そのため、ウルトラギガモンスター+のテザリングは、子機側で対象サービスを使っても対象アプリがカウントフリーになるので、テザリングを使えば様々な通信機器をフル活用できます

動画SNS放題 ウルトラギガモンスター+でテザリングを使うための料金

ウルトラギガモンスター+でテザリングをする場合は、通常の月額料金に加えて500円(税抜)の利用料金が毎月かかります

テザリング利用料を忘れていると、支払い額が事前の計算より高くなっていて驚いてしまうケースもあるのでご注意ください。

動画SNS放題 ウルトラギガモンスター+でテザリングを使うには申し込みが必要?

ウルトラギガモンスター+のテザリングは、事前に申し込みを行わなければ利用できません

申し込み方法は下記の通りです。

①電話番号とパスワードを入力してMy SoftBankにログインしたら、「オプションサービス変更」を選択しましょう。

 

②「テザリングオプション」の項目を選択して画面の指示に従い手順を進めれば、テザリングオプションを契約できます。

テザリングオプションの解約もMy SoftBankから行えるので、不要になった際は手続きをしましょう。

また、テザリングはオプションは解約をするまで常に毎月500円(税抜)の利用料金がかかるので、必要なときにのみ申し込み、利用しましょう。

動画SNS放題 ウルトラギガモンスター+のテザリングは固定回線代わりになる?

ウルトラギガモンスター+は50GBの大容量+対象サービスの使い放題が魅力ですが、固定回線の代わりに使えるか不安なケースもあるでしょう。

料金や速度などを比較して、どんな人がウルトラギガモンスター+を固定回線代わりに活用できるか解説します。

固定回線とテザリングの料金比較

ウルトラギガモンスター+は大容量プランなので月額料金が比較的高めですが、スマホのプランを固定回線代わりにできるため別途大容量通信のための料金はかけずに済みます。

さらにセット割の利用や家族での契約で、月額料金を下げられます。

まずはソフトバンク光やNURO光といった固定回線と、ウルトラギガモンスター+&テザリングの通常月額料金を比べてみました

ウルトラギガモンスター+(通話基本プラン、みんな家族割+なし)ソフトバンク光NURO光
戸建住宅1年目:6,980円(1年おトク割適用)

2年目~:7,980円

5,200円4,743円
集合住宅3,800円1,900~2,500円(for マンション)

見ての通り、通信容量の制限がないソフトバンク光やNURO光と比べると通常月額料金は高めです。

ただし、ソフトバンク光やNURO光を契約する場合別途スマホ代がかかりますよね。

ソフトバンクのミニモンスターや格安SIMなど、月額2,000~3,000円から使える安価なプランを使うとしても、固定回線+スマホ代の合計額はウルトラギガモンスター+より高くなってしまうでしょう。

よって、固定回線として自宅でも使うなら、ソフトバンク光やNURO光などの固定回線よりもウルトラギガモンスター+を単体契約するのが料金的にはお得です。

 

さらに、家族2人以上でソフトバンクのウルトラギガモンスター+かミニモンスター、または旧プランのデータ定額50GBを契約すれば割引が適用されます

(ミニモンスターは契約者数にカウントされるのみで、ミニモンスターで契約している人のプランに対する割引は発生しないことにご注意ください)

人数割引額
2人-500円
3人-1,500円
4人~-2,000円

もしも家族4人以上で対象プランを契約すれば、ウルトラギガモンスター+は月額4,980~5,980円となります。

もちろん別途自宅での通信回線料金などがかかることもないので、複数人の家族で利用するならウルトラギガモンスター+は圧倒的に割安と言えるでしょう。

 

また、ソフトバンクスマホと合わせてソフトバンク光・NURO光などを自宅で契約すれば、月額-1,000円(税抜)になる「おうち割光セット」が適用されます。

離れて暮らす家族でも、「おうち割光セット」の対象にできます。

例えば「一人暮らしの人が自宅で固定回線代わりにウルトラギガモンスター+を利用、実家ではソフトバンク光を使っている」といったケースなら、おうち割光セットを利用しない手はありません。

ウルトラギガモンスター+はもれなく月額5,980~6,980円、さらにみんな家族割+で4人以上契約するなら3,980円~4,980円にまで下がります。

 

以上2つの割引サービスを考慮すると、ウルトラギガモンスター+は固定回線に比べて圧倒的に割安と言えるでしょう。

固定回線とテザリングの速度比較

固定回線とウルトラギガモンスター+でのテザリングを比較すると、より速度が速いのはやはり固定回線です。

前項でも比較対象としたソフトバンク光やNURO光と、ウルトラギガモンスター+の下り最大速度をまとめました。

ソフトバンクソフトバンク光NURO光
下り最大速度612Mbps1Gbps2Gbps

※いずれの最大速度もあくまで最大での速度であり、実測はもっと遅くなるのでご注意ください。

最大速度の時点で約2倍~4倍ほどの差があり、固定回線の方が高速であることがわかります。

例えばPS4などの大容量ゲームをダウンロードしたり、スマートフォンのアプリを更新したりする時は、固定回線のほうが読み込み時間を短く済ませられて快適と言えるでしょう。

 

ただし、ソフトバンク(SoftBank 4G LTE)の平均的な速度である「受信実行速度」は、72~125Mbpsであると公式に説明があります。

最大速度と比べると遅いですが、フルHDなどの高画質な動画再生や100MBなどの大容量アプリの読み込みなど、ある程度速度が必要な場面でも快適に使用できる範囲です。

固定回線並みの高速を求めるのでなければ、ウルトラギガモンスター+の速度には十分満足できるでしょう。

ちなみに、快適に使える回線速度の目安は20Mbps程度と言われています(参考:快適な回線速度・通信速度の目安や平均は何mbps?有線もWi-Fiも速い光回線はコレ!)

高速な固定回線から選びたいという方は下記ページを参考にしてください。

速くて安い光回線の選び方

固定回線とテザリングの同時接続数を比較

固定回線と比べると、ウルトラギガモンスター+でのスマートフォンを使ったテザリングにおける同時接続台数は少なめです。

iPhoneを例に説明すると、同時に接続できる通信機器の数は5つまでとなっています。

一方固定回線だと同時接続台数の制限が厳しくなく、例えばソフトバンク光でレンタル提供されるルーター「光BBユニット」の接続台数には、とくに制限がありません。

たくさんの機器を同時にインターネットに接続するなら、固定回線のほうが有利です。

しかし例えばウルトラギガモンスター+で5台の同時接続ができれば、

  • タブレット
  • パソコン
  • ゲーム機①
  • ゲーム機②
  • スマートスピーカー

以上のように、毎日使うたくさんの機器を十分インターネットに接続できます。

よほどたくさんの機器を持っていない限りは、ウルトラギガモンスター+のテザリング運用でも問題ないでしょう。

固定回線代わりに使える方 使えない方

ウルトラギガモンスター+を固定回線代わりに使えるのは、以下の3つのいずれかに当てはまる人です。

  • インターネットの利用は、動画やSNSなどが中心の人
  • 通信可能な機器が多くない(5台程度)人
  • スマホ代だけで自宅の通信費を補いたい人

 

一方、ウルトラギガモンスター+を固定回線代わりに使うべきでないのは、以下の3つのいずれかに当てはまっている方です。

  • 10GBや20GBなどの大容量通信をする機会が多い人
  • オンラインゲームなどをする機会が多く、常時高速・安定した通信環境が必要な人
  • 10~20台などたくさんの機器をインターネットに接続する人

 

ウルトラギガモンスター+は、50GB+YouTubeなどの対象サービスの使い放題プランです。

対象サービス以外の通信量が50GBを超えるような状況なら固定回線の契約がオススメ50GB以内に収まるならウルトラギガモンスター+をテザリング運用しましょう

通信機器が少なめ、あまり速度を求めないならウルトラギガモンスター+、通信機器が多く速度も重視するなら、固定回線を選んだほうが満足度は高くなりますよ。

ウルトラギガモンスター+を選べば通信関連の料金が1つにまとまるので、スマホ代のみで通信費を補いたい場合もウルトラギガモンスター+を選ぶのがオススメです。

動画SNS放題 ウルトラギガモンスター+のテザリングはモバイルWi-Fiルーター代わりになる?

ウルトラギガモンスター+はスマホのプランなので、家でも外でも使えます。

そこで気になるのは、モバイルWi-Fiルーターを契約するのとウルトラギガモンスター+のテザリングはどちらがお得かでしょう。

料金や速度などを比較し、どちらがお得かを検証していきます。

モバイルWi-Fiルーターとテザリングの料金比較

ウルトラギガモンスター+は、Pocket WiFiの使い放題プラン(Pocket WiFiプラン2+アドバンスオプション)と比べると月額料金が高めです。

ウルトラギガモンスター+(通話基本プラン、みんな家族割+なし)Pocket WiFi(603HW+アドバンスオプション)
戸建住宅1年目:6,980円(1年おトク割適用)

2年目~:7,980円

4,380円

ただし、Pocket WiFiを契約する場合は別途スマホの契約をするので、追加で2,000~3,000円程度かかると考えると料金の差は縮まります。

 

さらに、家族でソフトバンクの対象プランを使うならみんな家族割+、自宅でソフトバンク光やNURO光を使っていれば、おうち割光セットの割引を適用できます

割引額(税抜)
みんな家族割+2人:-500円

3人:-1,500円

4人:-2,000円

おうち割光セット-1,000円

 

最大3,000円(税抜)の割引を踏まえると月額3,980~4,980円(税抜)で使えるので、1年目の料金は別途かかるスマホ代を考慮しなくても、Pocket WiFiより下がります。

モバイルWi-Fiルーターとテザリングの速度比較

モバイルWi-Fiルーターとテザリングの通信速度は、概ね同じです。

ウルトラギガモンスター+Pocket WiFi(603HW)
下り最大速度612Mbps612Mbps

 

Y!mobileから展開されている603HWという端末の最大速度は、ソフトバンクの最大速度と同じでした。

モバイルWi-Fiルーターとテザリングの通信量比較

ウルトラギガモンスター+とモバイルWi-Fiルーターで毎月使える通信量は、どちらも膨大です。

ただしモバイルWi-Fiルーターの使い放題プランで注意したいのは、速度制限があることです。

例えばPocket WiFiにおいて直近3日間に10GB以上通信すると、当日18時~翌日1時頃に速度が1Mbps程度まで制限されるのでご注意ください。

Pocket WiFiで制限にかからないためには1日3.3GB程度に通信量を抑える必要があるので、毎月使える通信量は1ヶ月30日として99GBほどになります。

 

一方ウルトラギガモンスター+は毎月50GB+対象サービスの使い放題です。

YouTubeやHuluなどの対象サービスを毎月何十GBも使う場合は、むしろモバイルWi-Fiルーターより使える通信量が多くなる可能性もありますよ。

モバイルWi-Fiルーターとテザリングの同時接続数を比較

モバイルWi-Fiルーターとウルトラギガモンスター+のテザリングを比較すると、同時接続数はモバイルWi-Fiルーターの方が多いです。

ウルトラギガモンスター+(iPhone)モバイルWi-Fiルーター(603HW)
同時接続数514

 

たくさんの機器をインターネットに接続したいなら、モバイルWi-Fiルーターを選んだ方が満足度は高いでしょう。

モバイルWi-Fiルーター代わりに使える方 使えない方

モバイルWi-Fiルーター代わりにウルトラギガモンスター+を契約して使いこなせるのは、以下の3つに当てはまる人です。

  • 通信制限を気にせずに通信したい人
  • モバイルWi-Fiルーターを別途持ち歩くのが手間に感じられる人
  • 使い放題対象のサービスを使う機会が多い人

 

一方ウルトラギガモンスター+を使いこなしづらく、モバイルWi-Fiルーターを選ぶべきなのは以下に当てはまる人です。

  • たくさんの機器を同時に接続する人
  • ウルトラギガモンスター+の使い放題対象でないサービスを使う機会がとても多い人

モバイルWi-Fiルーターの使い放題プランは速度制限が設けられているので、通信料を気にする必要があります。

ウルトラギガモンスター+は1ヶ月単位での通信量上限がありますが、代わりに数日単位での細かい制限があるわけではありません。

YouTubeやLINE、Huluなどのカウントフリーサービスの利用が中心なら制限はほとんどなく、機器の複数持ち歩く手間もかからないウルトラギガモンスター+がオススメです。

 

モバイルWi-Fiルーターを選ぶべきなのは、たくさんの通信機器を持っている人や、ウルトラギガモンスター+のカウントフリー対象外サービスを使う機会が多い人と考えられます。

 

まとめ

動画SNS放題であるウルトラギガモンスター+は、テザリングオプションの契約により、固定回線やモバイルWi-Fiルーターの代わりとしても活用できるプランです。

よほど大容量の通信をしたり、速度の速さを求めたりするのでなければ、ウルトラギガモンスター+を選ぶのが良いでしょう。

ウルトラギガモンスター+はスマホのプランなので、別途ネット回線を契約したり、開通工事をしたりする必要もありません。

ただしテザリングは申し込みが必要、月額500円(税抜)のオプション料金がかかることにご注意ください。