ソフトバンク

DMMモバイルからソフトバンクに乗り換える手順と費用まとめ

DMMモバイルは動画配信やオンラインゲームなどで知られるDMM.comによる格安スマホサービスです。格安スマホサービスの中でも比較的後発でありながら業界最多のプラン数でシェアを伸ばしています。

データプランのギガ数を細かく選択することができ、プラン変更も無料です。

主要なアプリのSNSフリーも魅力的でしょう。

反面、留守番電話機能がなく時間帯によってはキャリアケータイほどの通信速度はでません。

中にはキャリアケータイに戻したいという人もいるかもしれませんね。

そこで、この記事ではDMMモバイルから大手キャリアのソフトバンクに乗り換える際の手順と費用についてまとめます。

表を交えつつできるだけシンプルにまとめたので参考にしてみてください。

ネット完結で全国対応&特典がお得なSBショップ




DMMモバイルからソフトバンクに乗り換え(MNP)時にかかる費用

DMMモバイルからソフトバンクへのMNP乗り換えには転出費用と転入費用がかかります。

転出費用は高額になる可能性があるので注意してください。

DMMモバイルのMNP転出にかかる費用

DMMモバイル
MNP転出手数料1回線につき3000円(税別)
解約金最低利用期間である12ヶ月(音声通話SIMの場合)以内の解約で1回線につき9000円(税別)

DMMモバイルからのMNP転出にかかるのはMNP転出手数料と解約金です。

MNP転出手数料は1回線につき3000円(税別)であり、電話番号を引き継ぎたい場合は必ず請求されます。

それ以上に高額になりやすいのが解約金であり音声通話SIMの場合、最低利用期間12ヶ月以内の解約には1回線あたり9000円(税別)がかかります。

9000円はかなりの高額なので12ヶ月以内の解約は控えたほうがいいでしょう。

最低利用期間を過ぎていれば解約金は請求されません。

ソフトバンクのMNP転入にかかる費用

ソフトバンク
新規契約事務手数料3000円(税別)

ソフトバンクへのMNP転入にかかる費用は新規契約事務手数料3000円(税別)のみです。

MNP転入にあたって乗り換え手数料のようなものを想像する人もいるかもしれませんが、ソフトバンクでは乗り換え自体の手数料は無料となっています。

ただしこの新規契約事務手数料に関しては割引などの適用が基本的になく、新規、乗り換えにかかわらず必ず請求されます。

事務手数料3000円に関しては必要経費と捉えておきましょう。

新規契約事務手数料は契約後、初回の請求時にまとめて支払うことになっています。

よって初回の請求金額はやや高めになります。

またソフトバンクとの新たな契約後は選択した機種、プランに応じた利用料金が毎月かかるので予めリサーチしておいてください。

DMMモバイルからソフトバンクに乗り換え(MNP)する手順

続いてはMNPの具体的な手順についてみていきます。

転出元のMNP予約番号の取得の基本的な方法から、ソフトバンクに転入する際のお得なキャンペーンまで紹介するので参考にしてみてください。

DMMモバイルのMNP予約番号を取得する

DMMモバイルのMNP予約番号取得は公式マイページで行うことができます。

マイページにログインし、MNP転入手続きの項目から手続きをしましょう。

予約番号を発行したい電話番号を選択すれば申請手続きは完了です。

申請後、数日から4日程度でDMMモバイルに登録されたメールアドレスにMNP予約番号が送られてきます。

申請から発行までの日数が最大4日程度と他社に比べて時間がかかるので気をつけてください。

予約番号の有効期限は15日間ですが、転入先によってはぎりぎりだと手続きできない場合があります。余裕を持って手続きしましょう。

ソフトバンクでMNP転入手続きをする

MNP予約番号を取得したらなるべく早くソフトバンクで転入手続きをしましょう。

MNP申し込みはソフトバンクショップなどの実店舗の他、ソフトバンクオンラインショップやWEB代理店でもできます。

どの方法でも手続きは簡単にできますが、おすすめはWEB代理店の「スマホ乗り換え.com」での申し込みです。

スマホ乗り換え.comなら来店の必要がなく、ソフトバンク公式キャンペーンとWEB代理店独自のキャンペーンがダブルで受けられます。

申し込みはWEBフォームから行い、折り返しの電話(またはメール)にMNP予約番号を伝えるだけです。

スマホ乗り換え.comで実施中の5万円~10万円程度(時期によって変動)もお得な「特別キャンペーン」について、下記ページで詳しく解説していますので、乗り換え前に要チェックです!